ベネツィア料理   

新宿で食事をするのは、ほんと久しぶり。
3人で集まることになり、どこにしようか考え中にふっと思い出したのが
昔何度か行ったことのある「IL Bacaro」。
カジュアルでおいしい、ベネツィア料理のオステリア(居酒屋)である。
気取らずに食べておしゃべりするにはぴったりなのだが、実はそれだけじゃない。
ベネツィアの郷土料理が楽しめる、うれしい店なのだ。

中でもおすすめなのが、ベネツィアの代表料理バカラ・マンテカート(干だらのペースト)。
干だらって、日本ではあんまりいいイメージがないようだが、この店ができたばかりのころに
食べて、一気に見直した記憶がある。たらのうまみが凝縮されていて、すこぶるおいしい。
バカラは、ベネツィア人にとっては欠かせない食材であり、それを使った料理は軽く百以上あるとも聞いたことがあるが、最も基本でなじみ深いのがマンテカート。
干だらを戻して塩抜きし、それを細かくほぐしてオリーブオイルやニンニクを混ぜ合わせ、
ペースト状に練り上げたものだ。
これをとうもろこし粉を練って作るポレンタにのせたり添えたりする食べ方は、
まさにマンマの味でもあるのだろう。

ほかにもアドリア海に面したベネツィアは魚介類が豊富。
いわしのサオール(揚げたいわしを漬け込んだマリネ)や魚介のフリット(フライ)、
魚介のパスタなどもおなじみゆえ、もっぱらこれらを次々に頼んでは、
3人でワインとともに残らず平らげた。
で、最後の最後になって気づいたのが、「しまった~。写真撮り忘れた~!」
見事に1枚も撮っておりませんでした。ああ。多いんです、これが・・・。
それにしても、先週に引き続き、またもや忘れるなんて、我ながら情けない。
というわけで、すみません。今日は料理の写真がありません。
(料理や地図は、下記のサイトをご参考に)

IL Bacaro イル バーカロ(新宿 イタリアン)
TEL:03-5269-8528
東京都新宿区新宿3-4-8 セゾンプラザB2
http://goumet.yahoo.co.jp/
[PR]

by atfood | 2008-03-18 23:19 | 料理、菓子、食材など

<< 巻之助お花見弁当、見事1位に! パート・ド・フリュイ >>