パート・ド・フリュイ   

大好きなんです、コレ。
パート・ド・フリュイといって、フランスの伝統的なスイーツのひとつ。
ちょっとむずかしい呼び名ですが、
フルーツの果汁だけを煮詰めてつくったゼリーです。
といってもただのゼリーじゃありません。
ゼラチンを全く使わず、フルーツのペクチンだけで固めているので、
まるでフルーツをそのままギューッと濃縮させたかのような・・・。
1つ1つは小さいけれど、充実感あります。
生のケーキ類もいいけれど、こういうスイーツにも
まだまだおいしいものがたくさんあるんですよね。
「知らなかった」という人は、ぜひ、食べてみてほしい。
日持ちがするのもうれしい。
左上のヌガーもそう。
香ばしいナッツがた~っぷり、やわらかめでおいしいですよ。
ただ、おいしいけれどヌガーの場合はねぇ、
ついついカロリーを考えてしまうと・・・・、こわっ。
いつもバラで少しだけ買うようにしています。

e0138719_9592236.jpg

こういうスイーツは、手間がかかるわりには
たいしてお値段がとれないので、パティシエさんも大変だと思いますが、
ぜひ、作り続けてほしいです。

上はすべてノリエットのもの。これは新宿高島屋内で購入。
ヌガーはバラ売り。パート・ド・フリュイは箱入りのみですが、
本店ならバラでも買えます。
http://www.noliette.jp
[PR]

# by atfood | 2008-03-16 22:16 | 料理、菓子、食材など

風邪においCビタミンC   

う~、ヤラレタ。風邪ひいてしまいました、久々に。
先週までの睡眠不足と不摂生がたたったのか?
忙しさが一段落し、人間ドックも無事終了したとたん、
のどが腫れ、くしゃみ、鼻水エトセトラ・・。
くやしいけど、たいがいこういうときにやられるもんです。
しかも、初めて行った近所の耳鼻科では、
「風邪もですが、花粉もきてますね~」
ええっ、まさか!
これまでアレルギーとは無縁だったワタシですが、
いよいよ今年、うれしくないデビューを果たしたようです。

そんなとき、うれしい宅配便が届きました。
箱を開けたとたん、甘ずっぱい香りがふわつと漂って
中から、デコポンやレモンがごろごろ・・・・。
わぁ、松山のOさん家からのプレゼントでした。
家の裏手の果樹園で、家族みんなで
丹精こめて育てているのです。
完全無農薬、完熟、しかもとりたてなので
みずみずしいのいなんの。
甘味も酸味もしっかりあって、味が濃い。
これぞフルーツ!
“酸味好き”なワタシとしましては、
ただ甘いだけのフルーツなんて・・・、と思ってしまいます。
e0138719_16163392.jpg

元気なデコポンと、葉までついているレモン!
大きくて、まるでプーリアのレモンみたい。
左のビンは、ライムのスライスをみかんの蜂蜜に漬け込んだものだそうです。
さりげないラッピングもステキ!

ああ、うれしい!
風邪も一気にふきとびそうです。
ごちそうさま。
[PR]

# by atfood | 2008-03-06 16:33 | 料理、菓子、食材など

スイーツ断ちで、焼き梅湯   

表参道に行ったあと、渋谷を経由して新宿高島屋へ。
まだ午後3時台だというのに、渋谷駅も新宿駅も相変わらずの大混雑。
これがイヤで、新宿はめったに行かない街になってしまったが、今日は仕事なのです。
励みになるのは、高島屋B1には「パティシエリア」があるってこと。
ここは楽しいスイーツの宝庫!
毎日新聞社の冊子「毎日夫人」に掲載していた「スイーツの仕事人」で
お目にかかったパティシエたちも大集合している。
ワタシにとっては最も遠い練馬地区のお店のスイーツまでもが、
ここでなら簡単に買えてしまうからうれしい!
さ~て、今日はどのスイーツをお持ち帰りしようかなぁ・・・・、
と思ってハタと気づいた。ガクッ。
あ~だめだ、今日は買って帰れないんだ。

年に一度の人間ドック入りを週末にひかえ、
我が家では今、お酒も甘いものもすべて断っている最中。
ローカロリーはもちろん、緑黄色野菜や食物繊維たっぷりの、
超バランス栄養食を実践中なのです。
別名、気休め&つけ焼き刃&自己満足食!
なのですが、まあ、いいのです。
たった1週間だから、がまんもできます。

というわけで、スイーツはスパッとあきらめる。
な~んていいながら、やっぱりあきらめきれずにB1をうろうろ・・・。
e0138719_219555.jpg
で、なんだなんだと見つけたのが、このまっ黒けの丸玉、”焼き梅湯”。
まるで焼き栗?のように、黒く焼いた紀州産の大粒の梅と小さな昆布、出し汁が
箱の中にセットされている。それらを湯呑に入れ、熱湯を注いで3分。
要するに梅昆布茶よね、と思いつつあんまり期待せずに一口。お、おいしい。
二口、三口・・・、うわぁおいしい!
e0138719_220204.jpg

焼くことで、梅の甘みやうまみがさらに凝縮されるのか、
梅エキスがじわじわとしみ出し、実にいいお味でございました。

e0138719_21948.jpg
1粒400円なり。ちなみにさし湯をすれば、3~4杯は飲めるとか。
◎新宿高島屋B1 梅芯庵「焼き梅湯」 3個入り1260円。

※小皿の小菓子は、いただきもの。「緑寿庵清水」のおいしい金平糖!この話はまたの機会に。
[PR]

# by atfood | 2008-02-29 04:16 | 料理、菓子、食材など

シチリアの感動オイル!   

オリーブオイルが大好きです。もう十数年前から、我が家できらしたことのないオイルとなり、
いろいろと使いまくるワタシ。
e0138719_1340233.jpg
一時はあれもこれもとたくさん集めすぎて、使い切れなくなったことも。
仕事で外食も多いので、最近はあきらめてせいぜい3~4種類にしぼっています。
中でも一番よく使うのは、イタリア・トスカーナGiachi社
エクストラバージンオリーブオイル(下の写真中央の大ビン)。
(ちなみに、ワタシの好みは早摘みのグリーンオリーブ使用の“プリモーリオ”)。
レストラン関係者から分けてもらっているため、使い出のある1ℓビンです。
でも、大ビンといっても単にお徳用じゃありません。
そりゃもう、上質、上質!
青々した風味といい、少々ピリッとするくらいスパイシーで、
オイルというより、まさにフレッシュなオリーブのジュース!
(だって、ときどき油なめたくなりますもん)
フィレンツェの某三ツ星リストランテでも、このオイル一筋だそうですが、
この味を知ってからワタシも「もう、一生これにするわ」と決意したほど。
e0138719_13404665.jpg

ところが・・・です。
出合ってしまいました、久々に。感動オイル
場所は、イタリア料理研究家のAさん宅で。
いつもおいしいイタリア食材を教えてもらっているAさんですが、
先日たまたま仕事でうかがったときにこのオイルを紹介され、まっさきに試飲。
即刻、ダース買いしているAさんから分けてもらいました。
それが、シチリアのGianfranco Becchina 社の「OLIO VERDE」(右手前)。
ヒャー、すごい味です。
フレッシュで青々とした風味!まさにワタシ好みです。
ビンについたタグを見れば、2007年10月15~16日に、摘んで(もちろん手摘み)、
プレスして、ボトル詰めしたと書いてあります。
だからNOBELLO、つまりヌーボーです。
(トスカーナのGiachiのは、遅摘みのものもある関係か、今の時期、
まだ日本に07産は入っていないんですよね)。
ワインのヌーボーと違い、オイルはやっぱり新しければ新しいほど、
香りも強くおいしい!
あ~、書いていたら、またまた油なめたくなってきました。
ハードパン、あったかしらん。

OLIO VERDE」 
ちなみに、以前「ディーン&デルーカ」で扱っていましたが、
現在はきらしており、入荷待ち状態。入荷後の値段未定。
「ディーン&デルーカ」品川店 ☎03-6717-0935
ネット販売しているショップも2~3あるようです。
ちなみに、あるショップでは、500MLビンで4830円でした。
[PR]

# by atfood | 2008-02-25 10:44 | 料理、菓子、食材など

ブログ、HP開設しました!   

はじめまして。
atfood、略してat(アット)と申します。

日々、楽しく、おいしく食べることをモットーに暮らしています。

楽しく食べるには、一緒にテーブルを囲む家族や仲間が大切。おいしく食べるには、健康なカラダも必要です。

そんな基本を忘れないためにも、おいしいものや、おいしいものをつくる人に出会ったり、楽しい時間を過ごしたら、できるだけ書き記していきたいと思います。また、健康なカラダ維持に役立つ話(食べ過ぎの自分をいましめる?)もしていきます。

とまぁ、こう見えても(見えないか!)、最初は結構人見知り(?)ですので、やけにまじめなごあいさつとなりました。何事も三日坊主のワタシゆえ、ひんぱんに更新できるか心配ですが、よろしければまたお立ち寄りください。

なお、このブログとともに、HPも立ち上げました。25日公開予定です。

atfood

よろしければこちらもご覧ください。
[PR]

# by atfood | 2008-02-21 01:49